翻訳絵本 JoannaCole著「おねえさんになったの」

学生時代からなんとなく翻訳の仕事をしたいなあと思っていました。
以来、バベル翻訳学院様と通信講座やメルマガでご縁があり、
2年前にこの本の翻訳案件を見つけ応募しました。
そして2008年11月、この訳本を上梓することができました。
自分自身が「おねえさん」であることもあって、
小さいころの思い出や、育児支援活動、図書館とのかかわりを通して
経験したことを元にしてこの訳を仕上げました。
きょうだいが新しく生まれた時の「おねえさん」の気持ち、
ぜひ、感じて下さい。
【2009/11/2追記】
間もなく発売1周年を迎えます。全国の公共図書館で多数蔵書採択していただきました。ネットでOPACを公開しているところで調べ、「貸出中」の表示を見つけては、ひとりニヤニヤしております。長く読まれる本を目指して翻訳した本です。末永くかわいがって下さい。
カーリル(全国図書館蔵書横断検索サービス)からぜひお近くの図書館を調べてみて下さい。蔵書がないところはぜひリクエストを!
おねえさんになったの・表紙

女性が元気です!

ここ数年、ホームページ製作をご依頼いただくお客様のほとんどが女性で、起業やお店・教室を開業する方。

LUKE自身が女性であることで、お客様も安心して気軽にお声をかけていただけるようです。

これから起業・開業を予定しておられる女性のみなさま、ホームページで情報発信をお考えなら、ぜひ一度LUKEプロジェクトにお声がけ下さい。お問い合せお待ちしています。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名 (必須)

メッセージ本文

送信を許可する場合チェックを入れてください